メディカルアロマ、メディカルハーブレッスンのブログです。

こころもからだも元気になるクラフト講座を開講中です。

ベビーマッサージなどチャイルドケアのブログはアメブロです

チャイルドケアpocapocaのブログ

pocapocaアメブロ

をご登録お願いします花p

お問い合わせお申込みは

pocapoca98☆gmail.com

☆を@に変えてメールして下さい。

タイトルに「PAS A PAS問い合わせ」と入れてください。

  

3日過ぎても返信されない場合はブロックをされている可能性があります。

お電話でお問合わせ下さい

学校様、行政様、企業様への出張も可能です。お問合わせ下さい。

3月11日から今日までのこと ④

毎日少しづつ書きとめていきたいと思いつつなかなか前に進まずにいる大地震からの記録

15日(火)
余震に慣れているものの常に揺れている気がする。
給水も1日2回自転車で行くのも慣れて来たが疲れが出てきて
「このままじゃまずいかも・・・」と心身ともに限界に近づいている気がするが自宅が無事で食べるのも寝るのも不自由でないのでそんなことは言ってられない!と思う。

9時頃プチママンスタッフHさんから
「水大丈夫?持って行くよ~」とメールが入る。
「小学校にも給水車が来ているから大丈夫だよ」と返信をして少ししてから給水しに家を出ようと思ったら玄関先にHさん登場。
自宅から水を山ほど持って来てくれる。
この行動力、心意気に朝思い悩んでいた事がすっ飛んだ(^^)
この時に学校避難所の状況を話して、Hさんの得意分野リンパマッサージや足湯をするかそれとも炊き出しするかと少し話をする。
しかし本当に助かった。この日から3日間給水に行かなくて済んだのだから。

その後テレビを見ていると原発の状況がドンドン悪くなっていく。
相談するとだんなさんからも
「北海道(だんなさん実家)にしばらく避難するかもしれない」とメールが入る。

ママ友Mちゃんからガソリンを10ℓ分けてあげるから取りにおいで!と言われていたので娘たちをつれて訪問。
久々にたわいもない話もして癒されるがやはり原発の話に。

結局だんなさんと相談してキャンセルしてもいいわけだからとりあえず北海道行きの飛行機を抑えておこうという事で22日の予約する。

原発のことが話題になってから大阪や広島の友達から驚くくらいの数のメールをもらう。
身内ももちろん心配しているし私自身知識がないので娘たちの体になにかあっては・・・不安になった。

ただ避難所の人達、郡山の友達、学校の先生、プチママンスタッフ、プチママンやベビーマッサージに来てくれるお母さん方や子ども達・・・

その人たちと郡山を福島を復興させるぞ!という気持ちは?
県外脱出は正しいのか?

いろんなことがぐるぐる頭を駆け巡っていました。

どうか22日までに、ここ2~3日でおさまりますように!と祈るばかりでした。

そしてだんなさんが久々に帰ってきました。
娘たちはやっぱりほっとしたのでしょう、私も力が抜け疲れがドッと出てきました。

明日から色々相談しなくては。と気持ちが引き締まった気がします。