メディカルアロマ、メディカルハーブレッスンのブログです。

こころもからだも元気になるクラフト講座を開講中です。

ベビーマッサージなどチャイルドケアのブログはアメブロです

チャイルドケアpocapocaのブログ

pocapocaアメブロ

をご登録お願いします花p

お問い合わせお申込みは

pocapoca98☆gmail.com

☆を@に変えてメールして下さい。

タイトルに「PAS A PAS問い合わせ」と入れてください。

  

3日過ぎても返信されない場合はブロックをされている可能性があります。

お電話でお問合わせ下さい

学校様、行政様、企業様への出張も可能です。お問合わせ下さい。

フレッシュハーブとドライハーブ

下書きにしたつもりが「公開」で写真だけアップしてしまいましたicon10

お家で育てたハーブやお店の野菜売り場に置いてあるフレッシュハーブ

ティーで飲んだことはありますか?

生ならではのさわやかな香りがするんですよね双葉

メディカルとしてハーブを使いたい場合は、なんと生より乾燥した方がいいんです。

何でも「生」がいいはず!と思っていた私は結構「うっそ~」face08と驚きましたicon10

フレッシュハーブの特徴を調べるとなるほど・・・と納得です。

①50~90%が水分であるため、ドライと同じ有効成分をとるには、3~10倍の量が必要になってしまう。

②ティーとして抽出した場合、ハーブのタンパク質や酵素類が、熱で変性してしまい、葉の周りなどに膜を作ってしまうため、十分に内容成分が溶出できない。

③特有のアクがあり、ハーブティーに抽出するとこのアクが生じ、刺激を感じる人がいる。

なるほど!と納得してからは使い分けをしています。

フレッシュハーブは

料理に添えたり、ドライハーブでいれたハーブティーに、デコレーションを兼ねて飾ったり。

そしてスーパーでたまに割り引かれていたりするハーブは迷わず購入してドライにします。



「薬効成分」を期待して使う場合はドライ。

ドライでいいんだ~となんだか得した気分になるのは私だけかな?face03


日本メディカルハーブ協会から届きました。

勉強しま~す力こぶ