メディカルアロマ、メディカルハーブレッスンのブログです。

こころもからだも元気になるクラフト講座を開講中です。

ベビーマッサージなどチャイルドケアのブログはアメブロです

チャイルドケアpocapocaのブログ

pocapocaアメブロ

をご登録お願いします花p

お問い合わせお申込みは

pocapoca98☆gmail.com

☆を@に変えてメールして下さい。

タイトルに「PAS A PAS問い合わせ」と入れてください。

  

3日過ぎても返信されない場合はブロックをされている可能性があります。

お電話でお問合わせ下さい

学校様、行政様、企業様への出張も可能です。お問合わせ下さい。

チロさようなら


主人の実家、北海道の愛犬チロが昨日なくなりました。
20歳ちかい老犬で数年前から寝たきりで母が介護してました。

年に多くて2回、帰省する時にだけ会っているむすめ達ですがチロが元気なときからとても可愛がっていました。
数年前にふらふらと歩いてはバタン!と倒れるチロに私は心が痛く目を背けることはしなかったものの、見ているのも触れるのも辛く思ったのですが、むすめ達は

「チロ大丈夫?」
「あ~また狭いトコに入っちゃって~おいで!」
等と抱き上げたり、引っ張ってあげたり・・・

自力で食べることが困難になったチロを抱えて器を近づけて食べるよう促したり・・・

正直驚きました。

衰えていくチロを怖がるのでは・・・と心配していたのですがそんな事は全くなく、接していたのです。

父が数年前に亡くなったあと、チロと母のゆっくりとした空気と時間。
夜中床ずれして何度か鳴くチロの体を動かしたり抱っこしたり。
散歩もできないけれどおしっこをさせる為に外へ抱っこして連れて行ってました。

小柄でやせた母で、どこにそんな力があるかといつも驚いてしまいます。

今日たくさんのお花に囲まれてチロはチロの両親と、父の元へ旅立って行ったそうです。

今頃お花畑を走り回っているでしょう。

写真は今朝、チロの訃報を聞き次女が登校前にチロ宛に書いてFaxしたもの。

長女もチロとの思いでとおばあちゃんへのメッセージをFaxしました。

お母さん読まないで!って言ってたからブログに出しちゃった事はヒミツです。身近な人よろしく^^;

「チロへ

いつも北海道へいくとチロにあってたのしかったよ。天国へいってもずっとみまもってて。
チロはすぐになついてくれて、いっつもあそんでほんとうに楽しかったよ。
チロありがとう。
チロがやすらかに天国にいけますように。」

「おばあちゃんへ

チロがなくなってかなしいと思うけどチロのためにせわしてチロも「ありがとう」って言っていると思うよ。次はチロがおばあちゃんをみまもっていると思うよ。チロの世話ごくろうさまでした。

 華織より」

私は電話で涙声のお母さんにかける言葉がありませんでしたが長女がしてくれてました。

私は将来犬を飼って、こんなに愛情をそそげれるのだろうか・・・責任を持って飼えるのだろうか。色々考えてしまいます。



Posted ぽかぽか at 2010年04月13日 21:33
Comments(8)


この記事へのコメント
こんばんは(^-^)
20年とは お母様の愛があってからこそですね☆
弱りゆく犬に目を背けてしまう経験 私もしてました…
現実を見たくなくて(>_<)

床擦れすごく痛かっただろうし…寂しいけど 今は元気に走り回っているかもしれませんねヽ(*^‐^)人(^-^*)ノ

私にも心のなかで手を合わさせてください…
Posted by いちご姫 at 2010年04月13日 21:41
泣けます

チロは沢山の人に愛されながら逝ったのですね。

そしてチロを通じて宿った子供さんの愛の気持ち!大切にしたいです。

チロは逝ってしまいましたがいろいろなものを残してくれました
Posted by とんぼ at 2010年04月13日 22:59
>いちご姫さん
コメントありがとうございます。
時々しか会ってない私でさえ思い出しては大きなため息が出てしまうのでお母さんの悲しみを思うと計り知れません。
でも大好きな父とお散歩していると思います♪
Posted by ぽかぽかぽかぽか at 2010年04月14日 08:41
>とんぼさん
コメントありがとうございます。
長女は赤ちゃんの時からの付き合いで衰えていく姿をどう感じていたのかなぁ。亡くなってしまった事もどんな風に感じているんだろう。娘とはいえ心の奥まで探りすぎるのはどうかとそっとしてます^^;
Posted by ぽかぽかぽかぽか at 2010年04月14日 08:47
チロちゃん、ご愁傷さまでした。。。

お母さんに、愛情たっぷり介護してもらって、
ほんとうにしあわせな人生だったのでしょうね。。。

別れは、とてもさみしいものですが。。。


わたしも、うちの愛犬に、そこまでしてやれるかしら。。。
いまはまいにち、どたばたで、そんな先のこと、
考えられないです。

でもいつかは、さよならの時がくるのですよね。。。


娘さん、やさしい心がすくすく育っているのですね。
ぽかぽかさんの愛情のたまものですね☆
Posted by それいゆそれいゆ at 2010年04月14日 15:43
朝一で読んで涙してしまいました。
娘さん達心豊かに育っていますね。

うちの母も飼っていた犬がなくなったとき
今まで見たことがないくらい落ち込んでて、
私もかける言葉が見つかりませんでした。
お母様早く元気になられると良いですね☆
Posted by chiroco at 2010年04月14日 17:13
>それいゆさん
ありがとう!
来春には犬を飼うんだ!と最近むすめ達は
「やっぱり柴犬じゃない?」
「でも小型犬じゃないと旅行の時困らない?」
等と計画を立てているんです。
そんな矢先だったので、余計に
「あんなに愛情をかけられるかなぁ」
と考えてしまうんです^^;
Posted by ぽかぽかぽかぽか at 2010年04月14日 22:27
>chirocoさん
コメントありがとうございます。
母の心はやっぱり時間と共にすこしづつ癒されていくと、そう信じることにしました。
が、思い出すと大きなため息です^^;
Posted by ぽかぽかぽかぽか at 2010年04月14日 22:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。